皮膚科でキッドファンデーション

皮膚科でリキッドファンデーション使用を禁止されてしまったけど、
ニキビ跡もあるしできればカバー力が高いものが欲しい。

 

こんな悩みをもっている方も多いですね。

 

そもそもカバー力が高いってことは、肌を濃く覆いかぶせるということです。

 

これは密閉性が強いのでファンデーションに含まれる成分による肌ダメージも強く残るようになります。

 

ニキビ跡を隠す為に、ニキビを作っていては本末転倒ですよって意味でリキッドファンデーションはオススメされていないんです。

 

もちろん健康な肌であれば問題ないと思いますよ。

 

世の中にはカバー力の強いクリームタイプのファンデーションも多いですね。
できるだけ肌に良いカバー力のあるものとして人気もあります。

 

ですが、こちらも結局のところ密閉性が高い為、学校や会社などメイクオフするまでの時間が長いケースでは
問題が発生してしまう可能性も高くなってしまします。

 

なので、皮膚科では出来る限り密閉性がなく乾燥を招きにくいパウダータイプのファンデーションをすすめるわけなんです。

 

そして、通常は肌に良いものを加えようとするミネラルファンデーションですが、

 

あえてエトヴォスミネラルファンデーションのように余計なものを一切加えない
って方法をとっているものを勧めすんですね。

 

肌トラブルがある場合は、できるだけ余計な刺激をさけつつ紫外線を防ぐ必要があります。

 

それにはエトヴォスが最適であるとの判断なのです。

 

 

>>>唯一、皮膚科採用ミネラルファンデーションへ

関連ページ

ノーファンデって、どうなの?
ノーファンデについて説明します。
長時間ファンデを落とさないと?
長時間ファンデを落とさない事による肌へのダメージとは?
ミネラルファンデーションが合わない理由
ミネラルファンデーションが合わない理由について
ミネラルファンデーションでニキビ悪化の理由
ミネラルファンデーションでニキビ悪化について
大人ニキビと化粧品
大人ニキビと化粧品について
サプリメントで大人ニキビを改善する!
サプリメントでの大人ニキビ改善について
イオン導入のペース、選び方、効率
イオン導入のペースや選び方、効率について
老人性色素斑とは?
老人性色素斑について