老人性色素斑とは

老人性色素班が引きやすい人の特徴としては、ファンデーションを塗りたがらない、
20歳を過ぎてから日焼けをくり返していたというものです。

 

老人性色素斑の特徴としては、日焼けの積み重ねよってできるものです。
ある日突然出来てしまったように感じることも多い老人性色素はんですが、
こういった事は直前の日焼けによってできるわけではありません。

 

紫外線による肌のダメージが少しずつ肌に蓄積されてきたのです。
40歳前後になると、急にしみが増えてしまったと焦る人は多いのですが、
実際のところそのシミの種は若い頃から蓄積されていたのです。

 

老人性色素は、主に頬骨の高い場所からでき始めることが多いです。
また大きさは指の先程度の小さな色素斑であることが多いです。

 

元は薄い茶色をしていますが、どんどん濃くはっきりとしてくるのが特徴です。
何年も放置してしまうと盛り上がってくることもあります。

 

予防法としては、やはり毎日の紫外線ケアが重要となります。
年齢が若いうちは紫外線にあまり頓着しないような方がとても多いのですが、
この頃から紫外線に対して少し神経質な位に対処することが重要です。

 

しっかりと紫外線を拡散できるパウダータイプのファンデーションを使うのがベストでしょう。
また、はじめのうちは一般的な美白化粧品でも効果を発揮することがあります。

 

しかしながら行ってしまったものに対してはほとんど効果がありません。
もし本格的な治療を望むのであれば、レーザー治療を行う必要があります。

 

>>>秘密の皮膚科学?皮膚科で使用中おすすめファンデーション

関連ページ

皮膚科でリキッドファンデーションはダメだって言われたけど
皮膚科でオススメしないリキッドファンデーションの理由
ノーファンデって、どうなの?
ノーファンデについて説明します。
長時間ファンデを落とさないと?
長時間ファンデを落とさない事による肌へのダメージとは?
ミネラルファンデーションが合わない理由
ミネラルファンデーションが合わない理由について
ミネラルファンデーションでニキビ悪化の理由
ミネラルファンデーションでニキビ悪化について
大人ニキビと化粧品
大人ニキビと化粧品について
サプリメントで大人ニキビを改善する!
サプリメントでの大人ニキビ改善について
イオン導入のペース、選び方、効率
イオン導入のペースや選び方、効率について